対談

◀次へ 前へ▶

対談 2015/1/23

日本から世界へ MORI YOSHIDA 吉田守秀×辻口博啓

3. 健康スイーツ

辻口: 今年から販売する新しいチョコレート「Chocolat Universe(ショコラ ユニバース)」の話をしますと、僕は20-30代の頃はコーヒーに砂糖を入れていました。砂糖を入れると素材の味がしっかり出て美味しくなりますからね。でも40半ばを超え、だんだん糖質が気になるようになってきた。

そこで今回、砂糖を入れないチョコレート「ショコラ ユニバース」を開発しました。食・楽・健康協会 代表理事の山田悟先生にご協力いただき、これを食べたあとの血糖値を測ったのですが、血糖値も上がらなかったんですよ。今イチオシのチョコレートです。

吉田: 今いただきましたが、しっかりと美味しいですね。

辻口: 最近ではコンビニなどでも糖質コントロールチョコレートが売られていますが、既存の製品ではカカオバターをあまり使っていないことが多いんです。カカオバターを使用しているプロからすると、食べればすぐわかるんですよ。

「ショコラ ユニバース」はカカオバターをしっかり使用しています。また、砂糖の代わりに天然の甘味料「エリスリトール」を使用しているのですが、「エリスリトール」の特徴としてスッとした清涼感が高いことが特徴です。その清涼感をおさえるために食物繊維を入れて味をマスキングしています。砂糖不使用と知らずに食べると、皆さん普通の砂糖入りチョコレートと思うでしょう。本格的な味に仕上げるまで2年近くかかりました。

吉田: 食べて普通に美味しい、というのは重要ですね。

辻口: フランスでも糖質1/2 OFFといった製品が出ていますが、食べてみるとこれはちょっと、と思うものもあります。「ショコラユニバース」は業務用食材として、生チョコ、ボンボンショコラ、パウンドケーキなどにもつかえるんですよ。日本のさまざまなパティシエの方からも引き合いをいただいています。最近は鎧塚シェフも糖質制限の焼き菓子など作っていますし、オーボンヴュータンの河田シェフも低糖質ケーキを展開していて、健康スイーツは今注目のキーワードといえます。

吉田: パリでもやはり健康が注目されていて、特に富裕層などはビオの食材・レストランなどを選んでいますね。

辻口: 日本でももっと、例えばビオのマルシェやイベントなど、そういったところにパティシエや料理人などが参加していくと色々な展開ができるんじゃないかな。そして、こちらのドリンクは「アッシュ ショコラ サプリメント」シリーズの最新作、飲むショコラサプリ「ファイバードリンク」。グアー豆由来の水溶性食物繊維を入れていますので、腸内環境が気になる人にぜひ飲んでいただきたいです。


こんな記事もどうぞ