レポート

◀次へ 前へ▶

ベルギー 2012/8/24

ベルギースイーツの新しい波──カップケーキ&ジェリービーンズ

白にピンクの十字のロゴが目を引く看板。キャンディの他に、イタリアやフランスから輸入されたキッチュな雑貨やコンバースの靴も販売している。

白にピンクの十字のロゴが目を引く看板。キャンディの他に、イタリアやフランスから輸入されたキッチュな雑貨やコンバースの靴も販売している。

もうひとつはファッションブティックの連なるナショナルストリートに出来たキャンディショップ、「ドクターセブン・スウィートレメディ」。白地にショッキングピンクの十字のロゴが周辺の古い町並みの間に目立っていて、遠目からだと何のお店だろう?と不思議に思えますが、中にはカラフルなキャンディで溢れています。洗練された白の壁の内装の店内や、スタッフの白いジャケットは病院のイメージ。薬局がコンセプトであるこちらのお店は、まさに甘いものを欲するときの駆け込み寺。「スウィートレメディ」は“甘い救急策”という意味です。

迷ってしまうくらいたくさんのジェリービーンスは、52種類。1キロで23ユーロだが、好きな分量だけ量り売りしてくれる。

迷ってしまうくらいたくさんのジェリービーンスは、52種類。1キロで23ユーロだが、好きな分量だけ量り売りしてくれる。

こちらはベルギーで唯一、アメリカのジェリービーンズ社のジェリービーンズの販売ライセンスを持っているお店。店の片側には、ジェリービーンズが詰まった色とりどりのショーケースがぎっしり並び、アップル、バナナ、ブルーベリーなどのフルーツ系の定番から、バターポップコーンやクリームソーダなど個性的なアメリカンテイストも。店の反対側にはジェリービーンズ以外のキャンディも売られていて、お気に入りのフレーバーを量り売りで好きな分量だけ買うことができます。

キャンディは1キロ11ユーロから。上に並ぶボトル入りは250g入りで6ユーロ。

キャンディは1キロ11ユーロから。上に並ぶボトル入りは250g入りで6ユーロ。

また薬さながら、「Extreme Hangover Buddies」(酷い二日酔いのお供に)、「Midnight Snack Solution」(深夜にお腹がすいた時の解決策)などユニークなネーミングでボトル詰めされたキャンディを買えるのもこの店ならではの趣向で、ギフトとして買って行くお客様も多いとか。オーナー曰く「キャンディは、誰もが好きなアイテム。大人も子供も、いろいろな色や形をしたキャンディに癒されるはず。悩んだり、つらいときのちょっとした処方箋!」ちょっと甘いものをつまみたいときに人気のようです。

重厚でクラシックな老舗のトラディショナルなスイーツも変わらぬ人気を誇る一方で、自国の文化にはないスイーツも食べてみたいという好奇心が高まり、その需要も増えてきたベルギー。今回紹介したショップのように気軽に入ることができ、見た目も少し派手なポップでキュートなスイーツは、特に若い世代の女の子に支持を受けているようです。

店舗情報

店舗名 : Momade Cupcakes
住所 : Reynderstraat 37 2000 Antwerpen
電話番号 : +32 (0) 3 233 33 23
営業時間 : 月曜〜日曜 9:00-18:30
WEB : http://www.momadecupcakes.be/
店舗名 : Doctor Seven Sweet Remedy
住所 : Nationalestraat 18 2000 Antwerpen
電話番号 : +32 (0)473 98 63 24
営業時間 : 月曜〜土曜 10:00-18:00
WEB : http://www.doctorseven.be/

プロフィール

中川 朋美 (なかがわ ともみ):ライター/フリーランスPR
東京のPR代理店で5年勤務後、2011年5月にオランダ・アムステルダム郊外に渡欧。オランダ文化、語学を学びながら主に食関係のライター、フリーランスPRに従事。

こんな記事もどうぞ