ニュース

◀次へ 前へ▶

ニュース 2012/10/1

辻口シェフが元関脇栃乃洋の断髪式に出席

栃乃洋にはさみを入れる辻口シェフ

栃乃洋にはさみを入れる辻口シェフ

9月29日(土)両国国技館にて行われた「栃乃洋引退竹縄襲名披露大相撲」において、断髪式にモンサンクレール 辻口博啓シェフが出席いたしました。

竹縄親方(元関脇栃乃洋)と辻口シェフが石川県七尾市の同郷出身ということで出席する運びとなった今回の断髪式では、辻口シェフの他、森喜朗元首相、横綱白鵬など約350名がはさみを入れ、最後に春日野親方が止めばさみを入れました。

多くの観衆が見守る中、辻口シェフは国技館や大相撲観戦も今回が初めてとのことでしたが、堂々と大役を務めました。

平成8年に入門してから16年間現役で活躍し、歴代2位の金星12個という記録を持つなど活躍した竹縄親方。断髪式後の襲名披露パーティーでは「勝っても負けても誉め称えられる、正攻法の力士を育てたい」と語っていました。親方として今後の活躍がますます期待されます。

(撮影:中本 浩平)


こんな記事もどうぞ