ニュース

◀次へ 前へ▶

イベント 2011/5/16

「プレジール」のスペシャルプレートをいただく!春のお茶会 レポート

プレジールのスペシャルプレートをいただく!春のお茶会 レポート

プレジールのスペシャルプレートをいただく!春のお茶会 レポート

(左)どんな構成になっているのか・・・みな真剣です。
(右)ピスタチオグリーンといちごのコントラストが色鮮やかな春のミニパフェ。新潟のいちご“越後ひめ”は特別に取り寄せているのだそう。上部のクリームには同じく新潟の日本酒が使われています。

4月24日(日)、世田谷区代沢にあるパティスリー「プレジール」のカフェスペースを貸し切って、第4回スーパースイーツスペシャルイベントが開催されました。テーマは「春のお茶会」。そこで有名レストランでデザートを担当されていた経歴をお持ちの捧シェフに、特別にオリジナルスイーツプレートを作って頂いて、お話を聞きながらのお茶会となりました。

緑輝く爽やかな春をイメージしたプレートには4品のスイーツが並んで登場。シェフにいただく順番を伺うと、まずはグラスのミニパフェから。ピスタチオのアイスクリームにヘーゼルナッツとメレンゲ、新潟のいちご“越後ひめ”、後口にほんのり日本酒が香るクリームに砂糖を散らしキャラメリゼ。みずみずしいいちごに、ナッツとメレンゲの食感が楽しい一品でした。

プレジールのスペシャルプレートをいただく!春のお茶会 レポート

イベント限定、プレジールのスペシャルプレート。右から春のミニパフェ、フレッシュハーブのケーキ、お楽しみのミルキーケーキ、バジルとグレープフルーツのマカロン、フランボワーズのパートドフリュイ。

お隣は数種類のフレッシュハーブを使ったムースとライム、チョコレートのケーキ。爽やかながらやさしい口当たりで、ハーブのイメージが変わります。もうひとつのケーキもやさし味わいなのですが、意外な食材が意外な使われ方をしていました。スポンジ生地の間にキャラメルのような、メープルのような、ミルキーのような・・・?こちらのプチガトー2品は今後店頭に並ぶ予定とのこと、気になった方はぜひお試し下さいね。最後のグリーンのマカロンはなんとバジル入り。こちらも爽やかなグレープフルーツのコンフィチュールとクリームがサンドされていました。

プレジールのスペシャルプレートをいただく!春のお茶会 レポート

焼きたてのアニョーパスカル。

そしてこの日はちょうど復活祭ということで、焼きたてのアニョー(ひつじ)パスカル(復活祭)が振る舞われました。アニョーパスカルは復活祭を祝って食べられる、フランス・アルザス地方の伝統菓子。基本の生地はビスキュイ・ド・サヴォアですが、私たちがいただいたのは香ばしいノワゼットの生地にアレンジされていました。どこか懐かしい素朴な甘さと食感は、添えられたクリームと紅茶と相性ぴったりです。

プレジールのスペシャルプレートをいただく!春のお茶会 レポート

本日一皿限定アニョーのお頭です。生クリームとオレンジを添えて。

そして今回も、SUPER SWEETS PREMIUM CLUB会員の方には特別に、アニョーパスカル・ビスキュイ・ド・サヴォア版が丸々1匹お土産となりました。この他にも様々なサービスが受けられるSUPER SWEETS PREMIUM CLUB、是非チェックしてみて下さいね。


プレジールのスペシャルプレートをいただく!春のお茶会 レポート

SSPC会員へのお土産は伝統的なアニョーパスカルでした。

気軽に入れる♪1ヶ月コースもあります。
⇒SUPER SWEETS PREMIUM CLUB

次回SUPER SWEETSスペシャルイベントのご参加もお待ちしております!


捧雄介シェフ
シェフプロフィール:捧雄介さん
1977年新潟県生まれ。「ルコント」でフランス菓子を学び「オテル・ドゥ・ミクニ」「アロマクラシコ」「アロマフレスカ」にてレストランのデセールを担当。「ロワゾード・リヨン」を経て、2010年1月「プレジール」のシェフ・パティシエに就任。
ブログ:http://ameblo.jp/plaisir-daizawa  twitter:@plaisir_daizawa 


こんな記事もどうぞ